(旧ブログからの転載記事)

前回の日記で綴った「暴走社長」の続きです。

わたくし、色々な社長さんと会ってきました。
自身が経営に携わるという事もあり、経営者さんとお会いするケースというのは意外に多いんです。そして、ずっと会社に勤めていいたという経験ももっています。その両面を経験したからこそ感じた事って本当に多いです。

社長さんって、まわりに気心の知れた経営者さんしかいない時は結構「素」を出したりします。お互いの苦労話をはなして励まし合ったりすることも少なくあり ません。酒を飲んでも学生みたいにはしゃいで飲む事も多かったりするという印象がとてもあります。そこには「暴走社長」特有の傲慢さは微塵もありません。

そうです。ようは、社長さんは孤独で寂しくて仕方ないのだと思いました。
誰にも教えずに、しっとりとブログを綴り続けている社長さんかなり多いです。
誰にも相談出来ない、不安や悩みを発散する場所として活用されています。
誰にも教えられないけど、確実に見てくれる人が存在する。
社長さんの孤独を癒すこれ以上ない環境がブログだったりするんですね。

不思議とブログをやってるよとか、そんな話があがっても、誰もURLを聞かない。
そこには、意図をくみとって気を使う気遣いが確実にあるんです。

わたくしの本ブログも正にその類いです。
殆どの人が知りません。教えていないので……。

そんなこんなで、社長さんは色々な方策によってセルフメンタルケアをしているんですが、それがどんどん間違った方向にいってしまうのが「暴走社長」なのです。自己防衛のあまりに暴走してしうというのが、実情といえるのではないでしょうか。

何故社員の提言を聞けないのか?
何故社員に仕事をまかせられないのか?
答えは簡単。「信用出来ないから」です。
アドバイスを受け入れて何かあっても責任をとるのは自分。
仕事をまかせて何かあっても責任をとるのは自分。
こんな感じで、自己防衛が働いてどんどん周りが信用出来なくなっちゃうんですよね。

だから自然と、自分を否定しないイエスマンだけを周りに置く様になり、どんどん裸の王様化が進んでしまうんですよね。

見ていると、「暴走社長」さんってすごい確率で愛人(奥さん以外の恋人)をつくってます。それも、ただ単に癒されたいからというシンプルな欲求がそうさせ ている気がします。肉体関係だけを求めた関係ではなく、純粋に恋愛を楽しんでいるという印象をもつことが多いというのがその証明な気がします。何人も同時 に愛人作っている人は意外に少ないです。一人つくったら結構一途。プレゼントとか、イベントとかすごくマメにしているんですよね。いつも感心してしまった りします。

きっと恋愛して若さを感じてエネルギーを充電したり、異性に愛されるという事で自己肯定欲をみたしたりしているんだと思います。

でも普通のサラリーマンの方が、こんな話をきいたら「アホか!!!」と激怒されるでしょうね。俺らが頑張って会社に入れたお金を社員に還元せず、何わけのわからんことにつかっとるんか!と、わたしも会社員の時に社長にたいして、常に憤り、馬鹿にさえしていましたから……。
僕らの業界はとっても徹夜が多いんです。
もう3日家に帰っていないなんてこともざらでした。
そんな心身ともに疲労困憊の時に、今日「ゴルフいってきた。」「これからキャバクラいってくる」「明日から旅行」など言われようものなら烈火のごとく怒り狂っていました。何故そんな言わなくていいこをいう!とおもってましたね〜。
「暴走社長」さんは、そういうよこしまな事はかくすという空気を読んで気遣いを働かせるということすらできなくなってしまうんですよね。色々な事を自慢する事でしか自己顕示欲を満たせなくなってしまっているんです。

そりゃあ、信頼関係なんかつくれませんよね。

「暴走社長」がトップの会社と「普通の社長」がトップの会社。
どうしてこんな差が生まれてしまうのでしょうか?

理由は大きく分けて2つあります。
ひとつは、前回の日記で書いた相互理解が出来ない環境になってしまうから。
もうひとつは、そもそもの社長の性格。

このそもそもの性格というのもかなり厄介です。
とある税理士が「色んな会社の帳簿を拝見させてもらうと、大体社長の本質がみえてくる。どんなにかっこつけた言葉を並べても、社長さんの本当の姿(性格)は帳簿をみれば一発でわかります。」といってました。

わたしもその通りだと思います。社長その人の本当の姿というのは、見事に経営に反映されているんです。

だからこそ、本来の性格というのは厄介なのです。
とにかくお金が大好き!
派手な暮らしがしたい!
人からビッグと思われたい!
女にもてたい!
こんな野心を強くもっている、「天然暴走社長の試金石」ともいえる人が、社長さんをしている会社につとめている方は、すみやかに転職をおすすめします。断 言します。どんな事がおきても社長さんは変わりませんし、かわれませんよ。だってそれが基礎の性格なんですから。だから、人は成長するものだと寛容な気持 ちをもって我慢し続けるのは本当にやめたほうがいいと思います。損をするのはあなただけです。裏切られて人間不信になるまえに転職したほうがいいと思うの でした。

もうひとつの理由である、相互理解が出来ないことから生まれた「暴走社長」がトップの会社につとめている方。これは、希望はもっていいと思います。なかな か難儀ではありますが、前者と違って、大きく変化出来る可能性をたくさんもっています。素敵な環境になれば辞める必要なんてまったくないですよね。

いまの会社にこのままいて大丈夫か??
と悩んでいる方は、ひとつの指針として、社長さんをじっくり観察するといいかもしれませんね。その結果社長さんは「暴走社長」だと思っても、前者なのか後者なのかで、色々判断基準というのは変わってくると思います。

次回はいよいよ相互理解の出来る環境はどうしたらつくれるのかについて考えたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加