Chromeの初音ミクCMでワクワクしてしまった理由

少し時間がたってしまいましたが、何日か前にChromeのCMに初音ミクが起用されてネットで話題になっていました。
ご覧頂いた方も多いと思いますが、その映像を早速リンクしますね。

あれよあれよという間に12月22日現在で再生が100万回を超えていて、注目度の高さがうかがえます。

このCMを見て僕自身はとてもワクワクして興奮してしまいました。
その興奮の理由は当然色々あると思うのですが、やっぱりレディガガなど、有名アーティストなどを起用し続けていたChromeのCMに日本が生み出した 「初音ミク」が肩をならべて評価をしてもらえたという、純粋に「やったな〜!」という喜びがとにかく大きかったからだと思いました。

上記の動画の解説によると初音ミクとは

“初音ミク”は、誰でも自由に歌わせることができるバーチャル・シンガーです。
音楽のみならず、イラスト、映像、CG、コスプレ、生演奏、ダンスなど、ウェブ発の爆発的なN次創作ムーブメントを生みました。3万曲以上のオリジナル楽曲をはじめ、ウェブを通じて、初音ミクを使った無数の作品がいまも発表され続けています。無数のクリエーターが起こしたムーブメントを通じて、ウェブの可能性をご覧ください。

となっております。
もともとDTM用のVOCALOIDソフトが、初音ミクというきっかけをつくることで、音楽という枠を超えて様々なクリエイティブのジャンルで利用され、しかもそれらがマッシュアップするという独特の創作文化をつくりあげていってしまうわけなのです。

誰でも自由にというキーワードで、沢山のクリエイターが素晴らしい作品を創り出し、それらがマッシュアップして更に昇華されるという胸熱な現象が、chromeの可能性を訴求するためのコンセプトとシンクロするという絶大な評価をされていることが何より嬉しいです。webの進化による環境の変化がこれだけ日本のクリエイティブ環境を激変させて、しかもそれが評価されるところまでやってきているということは、僕らの世代では考えられませんでした。この変化はものづくりに携わる人間なら胸が熱くなると思います。

今回のCMは、単純に創作を楽しみ、世界中の人と共有しあう。そして、それが自然に評価され結果、無限のチャンスをつかむという、まさにクリエイターにとって理想的な軌跡のカタチが凝縮されている、まさにワクワクするCM構成になっているのです。

これを見たクリエイターは、良い意味で嫉妬心がうまれて、もう創作したくてしたくてたまらなくなるのではないでしょうか。
僕も久しくプライベートでは創作活動をしていませんが、イラストとかガンガンかきたいなとか、沢山のモチベーションがうまれてきました。

今回のこのCMに代表されるように、やっぱりクリエイティブは作り手同士だったり、見る側だったり、立場関係なく色々な人が共有することで沢山のエネルギーを生み出すのだということが実感できたのも嬉しい要因のひとつですね。

これからも、こういった共有から生まれる素晴らしいクリエイティブを沢山みたいし、自分もその中に入っていけるようにがんばっていきたいなと思ったのでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

満足度が高すぎるiPadケース「Speck iPad 2 FitFolio」

今日はiPad2ケースについてのレビュー日記です。

僕はずっと風呂蓋という愛称で大人気の純正「SmartCover」を使用していました。

SmartCoverはとても手軽でいいのですが、iPad2とはマグネットでついているだけなので結構簡単に「ぽこん」と外れてしまいます。ただ形状上、どうしても無意識にSmartCoverを支えにしてiPad2を持ち上げてしまってiPad2本体だけが落下する脂汗ものの事件もあったりして、カバーをしているのに気を使うという本末転倒な状態に陥っているということに気づき、急遽カバーを変えるに至ったのでした。

あとiPadからiPad2になって本体の縁がかなり極薄になっていることも、ストレスに拍車をかけていました。
iPadの時は縁が結構ぶあつかったので裸でもっていても全然安心で結構ラフにつかっていたのですが、iPad2だとちょっとぶつけただけで間違いなくガラスが割れそうな雰囲気があって、もの凄い神経つかっちゃうんですよね…(ただの貧乏性なだけどなのですがw)

そんなストレスをなくす快適iPad2ライフのために色々とケースを探してみました。
APP BANKさんの「【保存版】おすすめの iPad2 用ケース・カバーのレビューまとめ。」 などを参考にさせて頂きました。

その結果購入したのが「Speck iPad 2 FitFolio」です。↓↓↓↓↓こんな感じのカバーです。

デザインもとても良い感じです。材質はマットな感じの合皮です。マットな感じなので手垢とかもベタベタつかないですべすべで持っていてとても気持ちがいいです。(僕は手の脂がひどくて、iPadのときの純正カバーは真っ白になってしまうトラウマをもっていたのでこのポイントは非常にだいじなのでしたww)

表面の材質の写真です↓↓↓↓↓↓すべすべです!!!

 形状としては、プラスチックの本体ケースに合皮の蓋がついているというカバーです。
iPad2はプラスチック部分にカチッとはめこむ感じなります。結構簡単にはまる割にはグリップがきいていて簡単にはずれたりはしなそうで安心です。

はめ込んだ時の様子。しっかりiPad2の縁をガードしてくれています。↓↓↓↓↓↓↓↓

裏面はこんな感じです。意外にガッチリしていてそれも安心です。↓↓↓↓↓

ちなみに蓋部分の裏面の材質はふわふわな手触りで気持ちが良いです。↓↓↓↓

 このSpeck iPad 2 FitFolioは当然ではありますが、SmartCover的なスタンドとしての役割も担ってくれちゃいます。

よくiPadをたてて動画とかを鑑賞できるよ的なケーススタディをみますが、実は僕的にはあのようにたてて使うことは殆どなく、ちょっとだけ角度をつけたねかせた状態で使うことが殆どです。

そのポイントをしっかり抑えてくれているケースが意外にすくないんですよね…。
その意味でもSmartCoverは秀逸でしたが、Speck iPad 2 FitFolioはその上をいってくれています。

凄く微妙なことなのですが、Speck iPad 2 FitFolioはSmartCoverよりも少し高い感じで勾配の角度がつくので、メモや文字入力の時にとてもやりやすいです。あと角度がつくので向かいにすわっている人にみえにくいのがよかったりします。うちあわせでメモをとることが多いので、ぼくのへたくそな字をみられないという安心感はとっても大きいのですw

こんな感じです↓↓↓↓↓↓↓↓

iPadは外で使うことも多いと思うので、色んな意味で Speck iPad 2 FitFolioは非常に総合力た高いケースだと思います。

まあ、せっかくレビュー日記なので良いことばかり書かないで良くないと思ったこともかきますね。
APP BANKさんの記事にもありましたが、カバーの蓋を閉じたときに開かないように固定するためのゴムがあるのですが、これが本当に細くて心許ないんですよね…。これは結構一瞬でブチッときれそうな感じです。 あまりの心許なさに一度撮影用に使って以来完全に無視する存在になっていますww

ただ、このゴムバンド使わなくても意外に蓋はカパカパしないで大丈夫そうです。

ゴムはこんな感じです↓↓↓↓↓↓↓

ゴムをつけるとこうなります↓↓↓

以上です。Speck iPad 2 FitFolioはもともとの数が少ないのか人気なのか、どちらかはわかりませんが、どこにいっても売り切れになってますね。Amazonでは残っていたので、もしご購入される場合はアマゾンにて。

Amazonのページはこちらから

さらに詳しい情報はAPP BANKさんの映像をご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

Bluetoothのヘッドセットについて調べてみました。

以前「スマフォ用のBluetoothヘッドセット購入」の日記でも書かせていただきましたが、最近電話はBluetoothのヘッドセットを購入して使っていました。このワイヤレスで電話が出来るというのはなかなかどうして本当に便利で、何か作業しながらとかでも気軽に電話ができるのでとても重宝していました。

僕はAndroidとiPhoneを使っているのですが、電話がかかってきた方の端末で自動に認識して使い分けることが出来るペアリング機能はもう神懸かって便利です!

そんな魅力的なだと、いろいろな場所でつかいたいと思うのが、人としての性でしょう。
僕の場合はSkypeで使いたいというところから始まりました。

早速試したところAndroidに入っていた「Skype for au」でBluetooth通話は成功!
iphoneの「skype」では通話できずという現象が2011年8月の時点ではおきていました。
※その後、2011年9月くらいのアップデートで通常のskypeでもBluetooth通話が可能になりました。

ほほう。
これは便利すぎるということになり、更に野望がでてきて今度はMacとかiPadのSkypeでも使いたい!と、当然なるわけです。
早速試したところ、あえなく両方とも撃沈…。まったく使えません。両方ともマウスとかキーボードはBluetoothで使えてるのにおかしい…と、かなりテンションがさがり調べてみたところ、Bluetoothにもプロファイルが色々種類があるということがわかりました。

MacやiPadで使うためには、どうやらA2DPとAVRCPというプロファイルに対応しているヘッドセットを使う必要があるそうで、今回僕が購入して使っていたヘッドセットもそうでしたが、通話などで使用する片耳用のヘッドセットは、HFPとHSPのプロファイルにのみの対応というのが殆どみたいでA2DPとAVRCPには非対応だったのです…。

wikiによると

HSP (Headset Profile)
Bluetooth搭載ヘッドセットと通信するためのプロファイル。モノラル音声の受信だけではなく、マイクで双方向通信する。

HFP (Hands-Free Profile)
車内やヘッドセットでハンズフリー通話を実現するためのプロファイル。HSPの機能に加え、通信の発信・着信機能を持つ。

A2DP (Advanced Audio Distribution Profile)
音声をレシーバー付きヘッドフォン(またはイヤホン)に伝送するためのプロファイル。HSP/HFPと異なり、ステレオ音声・高音質となる。

AVRCP (Audio/Video Remote Control Profile)
AV機器のリモコン機能を実現するためのプロファイル。

なるほど…。
そもそも論だったわけなのです。
ちゃんと調べないで購入した自分がアホすぎるわけなのですが、勉強になりました。

音楽とかも楽しめてしまう 両耳タイプでマイク内蔵のヘッドセットをゲットすればMacやiPad、iPhone、Androidでも自在に使えてしまうということなのですね!と、めちゃくちゃシンプルにとらえることにしてA2DPとAVRCP対応のものをいろいろ探してみたら沢山ありました。とりあえず安そうなのを下述しますね。

 サンワサプライ Bluetoothステレオヘッドセット MM-BTSH24

MOTOROLA Bluetooth ワイヤレスステレオヘッドセット MOT-S305BK

外で音楽を楽しみながら電話がかかってくると通話ができるというのはiPhoneのヘッドフォンで便利さがとても理解できていますが、それが、デバイス間を自由に切り替えてくれるというのは本当に魅力的ですよね。早速色々物色して購入したいなと思っています。

Bluetoothは音楽を聴くのにはあまり評判よくないみたいなので、実際に店舗にいったりとかでためせたらいいなと思います。

 

ちなみに僕が今使っているのは、
サンワダイレクト bluetoothヘッドセット 2台同時待受  400-HS018

このエントリーをはてなブックマークに追加    

いまさらですが。

前回の「Adobe Creative Cloudについて質問しました。」が思いのほか反響を頂いてびっくりしています。

わたくしあまり注目をされることに慣れていないので、ツイッターでRTが100を超えるという経験なども当然したことはありませんでしたw
何気なしにfavstarをみたらRTが物凄い数になっていて、嬉しさよりも先に怖さが先にでてしまい、何かとんでもないことをしてしまったのではと勝手に「あわわあわああわあああわあ」という具合にうろたえてしまっておりました。

でもフォロワーさんが喜んでくれたり、ブログにもいくつかコメントが入ったりで、ようやく安心したらやっぱり嬉しい気持ちになりましたw

色々しらべたら、「いいね」も「はてなブックマーク」もたくさんして頂いていることがわかり二重の喜びでした。

やっぱり沢山の人に読んでもらえたりするのは単純に嬉しいですね!
ということもあって、調子にのって「いいね」と「Tweet」、「はてなブックマーク」、「+1」ボタンを設置しちゃいました。

まあ、なかなか喜んで頂ける日記を定期的にアップするほど、知識も豊富ではございませんが、読んで頂いている方がいるということをはげみに、これからもちょいちょいとがんばっていきたいと思います。

のんびり頑張りますので宜しくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

Adobe Creative Cloudについて質問しました

昨日発表されたAdobe Creative Cloudの詳細とCSのアップグレードポリシーの変更で衝撃をうけた人はたくさんいたと思います。Twitterなどネットをみていてもかなりの人が注目し不安に感じている方々も多く、反響の大きさを見ていて感じました。

特にアップグレードポリシーの改編には皆さん大きな衝撃をうけられたと思います。
僕もその一人です。

今までAdobeのアプリというのはライセンスをもっているものから3バージョン後まではアップグレードパッケージを購入することができました。それが今回の改編で何と1バージョンになってしまったのです。そうです。アップグレードのお得な価格で購入するには毎バージョン購入しないと駄目だよ!というルールに改編されてしまったのです。これは大問題!とネットでは大騒ぎになっていったわけです。
※追記 アップグレードポリシーが若干変更になりました。CS3やCS4の人は2012年いっぱいまではアップグレード購入が可能で、2013年から上述のポリシーになるとのことです http://www.adobe.com/jp/support/upgrade_policy/

仕方ないですよね。
AdobeといえばAdobe税と言われるくらいアプリが高額…。
僕らのようなグラフィックなどを生業にしている職業の方々はAdobeのアプリというのは商売道具でもありますので買わざるを得ないですし、でも高額なので毎バージョンはなかなか厳しい…。いろいろやりくりして何とかアプリを購入しているデザイナーさんやデザイン会社もとても多いと思います。

会社とかだと人数分購入しなくてはいけないので、本当に胃が痛くなりますよね…。

 

Adobeさんの言い分としては、そこでAdobe Creative Cloudですということなのだそうです。

このAdobe Creative Cloudは何なのかというと、ストレージとコミュニティ機能がついたAdobeのサブスクリプションサービスです。
月額の費用を払えばAdobeのすべてのアプリが最新のものが自由に使えて、ストレージやコミュニティも使えるよということなのです。
月額の費用は個人は5,000円/月でワークグループは7,500円/月だそうです。

 

んんん?
すでにAdobeはサブスクリプションの契約をやっていますよね…
そうです。やっているんです。最近1年契約で契約された方は、ぶっちゃけた話しかなり割高になってしまいますよね。
1年はAdobe Creative Cloudがはじまっても使いつづけないといけないですからね。契約をAdobe Creative Cloudに移行するなどの対応はしないそうです。 

 

それ以外にもいろいろ気になる不安ポイントがいくつかあったので、実際にAdobeさんに電話して質問してみました。
アップグレードの1バージョンという件は、かなりの数アドビさんにもクレームの電話が入ってきているそうです。

 

Q:Cloudとなっているが、アプリはどういう形になるのか?
A:現状のサブスクリプションと同様でCreative Suiteのアプリはインストーラをダウンロードしてパソコンにインストールをする形になる。但し、ライセンス認証は結構頻繁になるのでネット回線がつながらない環境で作業するときは注意が必要とのこと。ライセンス認証の頻度などはこれから詳細決定のようです。
追記です:1契約すると2台までインストール出来るのはAdobe Creative Cloudにしても同じだそうです。 

Q:Adobe Creative Suiteのパッケージ版はどうなるのか?
A:しばらくは引き続きいままでどおり、Adobe Creative Suiteのセットものも、単体での購入もできるということでした。ただ、しばらくと言っていたのでもしかしたら、パッケージ版はなくなるのかもしれないですが…。(さすがにCS6が最後ということはないとおもいたいですがw)

Q:個人とワークグループで価格が大きく変わるが、これは選ぶことはできるのか?
A:原則としては法人はワークグループでということ。ただし、それはサポートなどのサービス内容が異なるので法人などはそちらの方がいいという意味的で、現在のパッケージ版と同様で買う側にどちらにするかは選択肢がある“はず”ですとのことでした。
(※はずといってましたが、これは詳細がまったく現状ではきまっていないので答えられないということでした。)

 

イニシャルコストを抑える分、ずっとお金払ってねというのがAdobe Creative Cloudなどのサブスクリプションの考え方です。
経理的にも月額契約にすることで固定資産計上から月額の経費に出来るというメリットもあります。

但し、経理上の問題は、良く経理を理解している人ならわかると思いますが、これは収益が上がっていなければなんの意味もなしません。逆に固定資産の方がよかったりすることもあるので、安易に月額最高とはいえません。月額最高といっている人は経理を知らない人か、物凄く利益のでている会社の経営者さんですねww

Adobeの場合実際もうライセンスをもっている方が多いはずなので、 Adobe Creative Cloudへのシフトというのは非常にタイミング難しいと思います。
というのは、結構価格ラインは微妙だからです。

例えば、CS5をもっている人で.5とかのバージョンはとばしてメジャーアップデートの時だけ購入した場合、使用期間は2年になります。
Design Premiumなどのグレードであるとアップデート価格は9万程度なので  Adobe Creative Cloudの二年分5000円×24ヶ月=12万円ということで高くついてしまうのです。 Adobe Creative CloudはMasterCollectionと同様の内容なので、一概には比べられませんが、正直使わないアプリも多いので、考え方としては今つかっているAdobe Creative Suiteと対比するほうがいいと思います。

.5も含めて毎回アップグレードする人は.5へのアップグレードが5万程度、メジャーアップデートが9万程度と考えると合計14万となり、Adobe Creative Cloudの方がお得になるということになります。ただ正直.5へのアップグレードは内容的に微妙ですよね…。

メジャーアップデートを2個おきにとか、とばしながらやっていた人は、どちらを選んでも高くなってしまいますね。
新規の場合は最初の二年関してはお得ですが3年目からは上記と同じ考えになりますよね。

 

まあ、結論からいいますと、アドビ税は増税の方向になるということで間違いはなさそうですね…。
これから詳細発表されると思いますが、なかなか気が重いですね。

詳しくはこちら
http://www.adobe.com/jp/joc/products/creativecloud.html

このエントリーをはてなブックマークに追加    

1Password 3.9へデータ移行

今回は備忘録です。

MacはOSがLion(10.7)になり続々と新しいアプリが登場してきています。
新しいアプリがどんどんでてきてくれるのは嬉しいのですが、最近は結構見切り発車でリリースするアプリも多くインストールなどきちんと出来ずにバグなどに悩まされる場合も少なくありません。 今回僕がどっぷりはまってしまったのがMac版では有名なパスワード管理ソフトの“1Password”です。

1PasswordはAppstoreのこちらからご覧いただけます。

このアプリはとにかく一回使用すると便利でもうないと苦痛になるくらい便利なアプリです。
多種多様なネットサービスがでてきて、ネットライフはどんどん充実していきますが、こわいですよねIDやパスワードのセキュリティ…。
いくつかのパスワードを使い回しにしている方や、ブラウザにパスワード履歴残して使用し続けたりしているチャレンジャーの方も沢山いるのだと思います。

そこで 1Passwordはかなり効果を発揮します!
ブラウザに記録しなくてもアプリの拡張がブラウザそれぞれにインストールされて、ブラウザに履歴を残すことなく、且つ自動でログインができるようになっています。しかもパスワードを生成してくれたりもしますし、管理が一元化できるのでIDパスワード忘れも起こりませんし、記憶に頼るために幾つかのパスワードを使い回すというようなことをしないですむ環境を作ってくれます。とってもナイスなのです!

アプリのレビューはこれくらいにして、その便利なアプリが今回のLionに対応した3.9というバージョンからAppStoreでのみ販売されることになりました。
今なら4.0への無償アップグレードが出来るということもありとびついてしまったわけなのですww ところが現行で使用している3.8xバージョンとは同じアプリでも基本違うものであり、データの移行はかなりのハードルの高さという罠がまっていました。

僕の場合何も考えずにデータのバックアップだけ残して、AppCleanerで古い1Passwordをさっと削除して綺麗な状態にしてから新しい3.9をインストールしてしまったのです。正直このやり方が一番やばい結果を生んでしまうそうです…orz

これをやってしまうとどうなるか??

1.今まで使用していた3.8のデータをインポートしようとするとデータをよみこまない
2. 新規ユーザーとしてはじめようとしても、アプリが無反応になってしまい登録手続きすらできなくなる

正直まいりました、古いデータを使えなくなるだけでも痛いのに、あきらめても新規ではじめることすら出来ないという究極の状態ww 本来は、
1. 既存の1Passowedを最新の3.8.5にアップデート
2. アプリケーションフォルダから1Password.appをゴミ箱に捨てる
(同じ場所にまたインストールされるのでDockのアイコンは消さなくても大丈夫)
3.MacAppStoreから1Passwordをインストール

という手順でインストールをすれば、データの移行はシンプルに成功していたみたいです(他のマシンで実証済み)

ただ、僕のようにせっかちな人もいらっしゃると思うのでw どつぼにはまってしまったときの対処方法を下述します。 こちらのブログを参考にさせて頂きました。

「1PasswordをMacAppStore版に移行した時にデータの移行が失敗するのの対策(Macアプリ)」/ハニワハオ、シルブプレ?

まず、環境を1Pasword 3.8の最新版状態にもどします。

それで元通り使える環境にしたら3.8バージョンの最新版であることを確認し、必要ならアップグレードします。(僕の時は3.8.7でした。)

そうしたら上述の1〜3の手順で3.9をインストールします。

新しい3.9を起動して、既存の1Passwordのデータを開く。 また反応がでないと思います。
そうしたら、「アプリケーション」の「ユーティリティ」の中に入っている「コンソール」というアプリを起動してみてください。

↑これがコンソールのアイコンです。

コンソールはMacのログを見るアプリだそうで、エラーなどを確認できます。 コンソールを開いて下記のエラーがでているかを確認します。

1Password: [39001] Failed to start 1Password Helper
1Password: [39001] Connecting to 1Password Helper

上記のエラーが出た場合は、ターミナルを使用して既存データを使用できるように下記コマンドを実行してパーミッションを書き換えます。

chmod -RN /var/db/launchd.db/com.apple.launchd.peruser.501/overrides.plist

複数のアカウントを作成していなければ上記の501ユーザーの設定で成功すると思います。
もし駄目な場合は下記コマンドをターミナルで実行してユーザーIDを確認しましょう。

echo $UID

これですべてうまくいくと思います。
この方法はサポートにものっているとのことですが、ターミナルを使わないとアプリが使えないなどというのは、ちょっと厳しいですよね。
しかも有料のアプリなわけですから…。
これからはちゃんとしてもらいたいですよね〜

このエントリーをはてなブックマークに追加    

雑誌を電子化してみました。

雑誌や本が本当にたまるいっぽうでいよいよ何か手をうたないとまずいところまできていました。
捨てるのはもったいない。
売りに行くのは面倒だ。

っていうか捨てようと思ってぱらぱら見出したらまた読んでしまって捨てられなくなるという、悪魔のスパイラル必至なわけでございます。

ならば!と、
だめでもともとのつもりで、本を電子化してiPadなどでよめるようにしようと一念発起してみました。

電子化にあたって必要な要素は…
綺麗に見えてそれなりに軽いこと!
検索ができるようにテキストを埋め込みにすること!

この二つの条件をみたすPDFを作成できればといろいろとためしてみたのでレビューしますね。

まずスキャンですが、

今回はキヤノンの「DR-C125」でスキャンをしてみました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B0054N878A

これ素晴らしいですよ!!
とにかく両面同時にスキャンできるし早いです!
今回200ページ弱のスキャンをしてみましたが5分くらいでおわった感じでした〜。

解像度はスーパーファインにあたる300dpiでスキャンするのが後で色々圧縮かけることを考えるとベストだと思います。
保存の時に念のためOCR機能はONの状態で保存しました。このくらいのページ数あるとスキャンより保存の方が時間かかりますね…。

さあ、これでベースとなる検索テキスト埋め込み型のPDFが完成なわけなんです。
ただ!!!!このままだとファイルサイズが重いのなんのって…。

ちなみにA4サイズ200ページカラーの雑誌で165MBくらいのサイズがありました。これをiPadにいれたりiPhoneでというのは若干現実的じゃないので、もう少し最適化をしたいなということになります。

そこで次の作業です。
次はAcrobat Pro での作業となります。僕は今回Acrobat Pro 9を使いました。

まず、スキャンしたPDF画像を開きます。
そして、

メニューの「文書」→「OCRテキスト認識」→「OCRを使用してテキストを認識」を選択します。

テキスト認識の設定を「編集」から「ClearScan」に変更します。
それでOKをクリックして後はひたすらまつのみです!!!!!

このClearScanというのはなかなかの優れものでした。
1.ファイルの向きを整頓してくれる(斜めのものをただしてくれる)
2.画像をOCRして埋め込みテキストを作成してくれる
3.画像を圧縮して最適化してくれる
4.画像内のテキストをシャープにして画面でも読みやすい状態にしてくれる

上記四つの作業を一回でこなしてくれるんです!!
結果、ファイルサイズは165MB→84MBまで圧縮に成功しました。

しかも画像の文字がシャープになったことでiPadとかで拡大表示したときにクリアな文字にみえてとても読みやすいのです!!!

↑↑↑↑↑これがもとの画像の文字です。アンチエイリアスがばっちりきいてるので少しぼけてみえます。
拡大してみるとそれが良くわかるんです。iPadとかのときは要注意です!

↑↑↑そしてこれがClearScan後の画像です。少し文字の形はかわってしまいますが、文字のエッジがシャープになり読みやすくなっています。拡大して読むときは圧倒的にこちらのほうが読みやすいと思います。

ちなみにスキャンを200dpiでしたものをClearScanしたら、画像の劣化とOCRの精度がかなりおちてしまいました。
なので300dpiでのスキャンの方がいいと思います。

という感じで電子化に成功したわけなんです。

iPadの中でも検索ができるし、かなり綺麗にみえるし、本当に素晴らしいです。
これから更にiPadがさらに活躍してくれると思います!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加    

スマフォ用のBluetoothヘッドセット購入

Androidを購入してiPhone4との連携もようやくなれてきた今日この頃。

慣れてきた頃でてくるのが諸々の不満。
スマフォは本当に万能で便利なのですが、ありましたよ。不満が。

それは、ずばり電話がかけずらいということです。
iPhoneにしてもIS03にしても、電話にでるために画面をスワイプ操作しなくてはなりません。

これは結構面倒で、
「あ!あ!」
といっている間にきれてしまうこともよくあります。

iPhoneは付属のヘッドフォンがありとても重宝していますが、Androidに電話がかかってきたときにヘッドフォンをはずしてなどもたもたする要因になりかねないので、これは同じものを共有するしかないという結論に達しました。

ペアリングってやつですね。
ひとつのヘッドセットでAndroidでもiPhoneでも同時につかえるというやつです。

さがしたらサンワサプライからBulutoothでよさそうなのがあったので早速購入してみました。
使ってみた感じですが、いいですねこれ!
ペアリングも便利だし、音量も電話のONとOFFも全部このヘッドセットでできてしまう万能さです!!

電話の音声もすごくクリアでばっちり。
鞄とかに電話をいれたまま電話にでれますし、どちらの電話にコールが入っても問題ないし本当に助かります。

悪いところがあるとすれば…なんでしょうね。そうですね
まずMacで使えないところですね。あまりに便利なのでMacのSkypeで使おうとしたら認識しませんでした…
あと、スマフォの方はアプリによって使えたりつかえなかったりあります。
auのSkypeは大丈夫ですが、Android版Skypeだとつかえなかったりいろいろと微妙です。

ただ、電話も含めて主要なアプリはだいたいいけたのでそんなに今のところ困っていないです。
それより便利なところの方が多いのでとてもうれしい限りです。


こんな感じでコンパクトで良い感じですよ〜。

実際に電話するときはこんなかんじです。

↓↓↓この商品のアマゾンのページです
http://www.amazon.co.jp/dp/B003TKQN1S

このエントリーをはてなブックマークに追加    

レイ ハラカミ(Rei Harakami) という偉大な才能にありがとう。

2011年7月28日。

僕にとってはとても忘れられない日になりました。

大好きなアーティスのレイハラカミさんが急逝されたという訃報が入ってきたのです。
最初にその情報を見たのはTwitterでした。ハラカミさんは一昨日まで元気につぶやきを投稿していたので、悪質なガセネタだと憤っていました。でも、だんだんその情報の信憑性が高まってきて、とうとうオフィシャルの発表となり、ハラカミさんが亡くなられたという、信じられない現実をつきつけられることになってしまったわけなのです。ブログを書いているこの瞬間も、その現実がリアルでなく何ともいえない喪失感で一杯です。

皆さんそれぞれ、憧れを抱いていたり、絶大な影響力をもっている方というのがいらっしゃると思います。
僕にとってレイハラカミというアーティストは、その絶対的な存在の一人でした。

僕はグラフィックデザインの仕事をしています。
かれこれ15年以上、デザインの仕事を続けさせていただいています。こんなに長く続けてこられた要因として、僕がいつも感じていることというのはテクノとかエレクトロと呼ばれる音楽が与えてくれた力をはずすことができません。

僕は若い頃は、凄く頭でっかちなデザイナーでした。
知識がなければ良いデザインはできないとか、プロとしてのルールを踏襲しているものが良いクリエイティブ。
おっ!と思うパンチ力のあるデザインでも、あらを探してプロのルールに準拠していないからダメなクリエイティブだとさげすんでしまう、デザイナーなら誰もが通るであろう、 良いものはどんなものであれいいものなのだと簡単に思うことができない、病気に完全にかかっていました。

当然そんな病気にかかった状態は、精神的に窮屈で、そんな中でデザインをし続けるというのは本当に自分の持久力との勝負という消耗戦になっていたと思います。凡人の僕が場違いに一回賞をとってしまったということも、その病気に拍車をかけてしまい、とにかく自分は良いクリエイターでなければいけないと極度の緊張状態に自らを落とし込んでしまっていました。なので、あの状態が続いていたら恐らく僕は、この仕事やめていたと思います。当時は苦しいだけで何も物づくりの楽しさがわからなくなっていましたので…。

そんなときに、たまたま周りの仲間達がテクノの音楽とかを教えてくれました。
何となく興味をもつことができたのです…。そこでいろいろきかせてもらって、体に電撃がはしるほど衝撃をうけたのが、レイハラカミさんの音楽とOrbitalの曲でした。音楽をきいてあんなに情景がリアルにみえることがあるのかと、心の底からしびれてしまったのです。

自分は音楽オタクではなく本当に何の知識もありません。
だからレイハラカミさんの音楽とかの何が技術的に素晴らしくて良い曲なのだということをジャッジすることはできません。
でも、直感的に本当に“良い曲”と感動している自分が間違いなくいたのです。

よくわからないけど、とにかく良い!素敵だ!と思ったのです。

こういう感覚というのは、当時の僕からすると考えられない発想でした。常にクリエイティブを判断するのは知識とか自分のもってる情報を尺にあわせてジャッジするという病気にかかっていたので、そういう直感で喜ぶという、人としてごくごく自然な感情を失っていたのです。

そっかぁ。本当にいいものって理屈ぬきでいいもんだよね。
何でなにから何まで理屈でジャッジしようとおもっていたのだろう?と、何気なしに自分のおかしい部分を受け入れさせてもらうことができました。

これって本当に僕にとっては革命的な出来事だったんです。
それからは、良い意味で力を抜くことができるようになって、明らかにデザインに対する取り組みも、デザインの質もかわりました。
だからこの年齢でも若い子たちにまじって現場にいられるのかなって思います。

いまでもずっと、つかれたらハラカミさんの音楽きいて、脳みそをトロトロにやわらかくするというのが、僕の日課的になっていました。

ちっぽけな自分という存在ではありますが、僕という一人のクリエイターの物語を語る上で絶対にはずすことはできないの人物の一人がレイハラカミさんだったというわけなんです。なので、今回の訃報というのは悲しいし、本当に喪失感もあり、何か説明できない感情でいっぱいです。

ひとつだけはっきりいえること。
日本が世界に誇ることができる才能のひとつが、また逝ってしまったということ。
大変な損失だと思います。twitterで、同業の方だったり各クリエイティブ業界の大物たちが本当に残念がっているという光景を目の当たりにしました。一流は一流を知るというやつですよね。まさにその損失の大きさを痛感しました。それを見てさらに喪失感が大きくなりちょっと仕事がてにつかず、思わずブログを書いてしまっています。

レイハラカミさんの曲をレコメンドするときに、僕は、とってもみずみずしい宇宙旅行ができるよといいます。
ちょっと、頭がおかしい表現ですが、きいてもらうとその情景がくっきりとみえると思います。
プラネタリウムでレイハラカミさんの曲が採用されていたのは伊達ではないというところが一瞬でご理解頂けると思います。

そんな表現が通じてしまうクリエイターは、そんな簡単に現れないですよね。
素晴らしい才能に出会うことができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも微力ながらではありながら、素敵な影響をたくさんもらえた恩返しに、精一杯デザインを頑張りたいと思います。

乱文ですみません。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

本当に忙しい??第二回

本当に忙しいの??

上記の続きを書き綴りたいと思います。
忙しいという姿についての考察です。

本当に仕事が忙しいのか?
実は不満があるだけで忙しいわかではないのではないか?

そんな仮説を自分自身の経験則からたてて、社内で色々とヒアリングしました。

忙しいかい?と訪ねると、光の速さで忙しくて目が回ってるとの答えw
そうか。そうか。と相づちをうちつつ、どんな作業がたまっちゃってる?と質問を追加しました。
そうしたら、あれとこれとあれ、という感じで何個か案件の説明をしてくれました。

そこで意外な空気が…。
言った本人が、あれ?意外に仕事すくなくね???????
と、明らかに察している空気になったのです。

その空気に耐えられなくなったのか、ただ、あれもこれも調べたりしなくちゃいけないとか、しまいにはクライアントに電話しなくちゃいけないとか、そんな部分までタスク化するというw

たぶん、苦痛な気持ちと実際の現実の仕事の量のギャップに気づいて、あわてて保身のために追加していって、頭が整理されていなからもう日常業務的なものまでが重い仕事に入ってしまうという状態になってしまったのでしょう。

案の定、「量」という尺度ではかったときには、たいして忙しくなかったんです。
これは思っていた通りで安心しました。
ただ、真正面から受け止めなければいけない現実も露呈しました。

それは、会社や仕事に対する不満が、MAXだという現実。
これはこれで物凄い重いことですよね…。

ただ、 そういう現実が色々わかるのはとってもいいことだと思うので、まずはそんなに忙しくないけど、何か不満につながるような要点がある。だからそれをつぶしていけば、今の仕事量をこなせているのに元気もりもりになるはずだから、その問題を探してとにかく解決して元気モリモリになろうよということを伝えて色々と現状の把握をしていきました。

スタッフが抱えていた問題は、ずばり頭を休ませてほしいというところでした。体より頭の休息を欲していたんです。
話していて感じた事なのは、やっぱり、頭を休ませるタイミングがないの環境が如何にストレスうんでいってしまうのだということでした。とくに僕らの仕事はクリエイティブな仕事は、あまりにも連続でアイディアとか知恵の部分を酷使すると、あっというまに脳に疲労がたまってきて極端にストレスがたまっていくのだと思います。

本来なら、仕事がおわってからの時間。あと土日だったりのお休みの時間。
その時間を使って頭をきりかえ、そして休めていく。
社会人の皆さんはそれを当たり前のようにやられています。僕らもそれは例外じゃないのです。

ただ、本当にクリエイティブの仕事は頭を休ませるのは難しいのです。
たとえば雑誌やドラマや音楽、リラックスするためにみていても、デザインのアイディアに直結する情報探しを常にしている緊張状態を続けてしまうのです。わざわざそんなことをしてしまう…それが、クリエイターという生きものなのです。常にオンの状態を自らつくってしまう上に、スイッチの切り方をまったく知らないのです。

あとは本人に常に緊張状態を自分でつくっているという自覚症状も全くないということも特徴です。
なので、土日や仕事のあとのリラックスで解決できてなくてどんどん頭の疲労とストレスがたまってきていることにも気づけないのです。
これは残念ながらどんなに第三者が口で説明してもわかってもらうことはできないと思います。それはそうですよね…。本人に自ら墓穴をほっている自覚がないのですから……。

スタッフにそんな話しを説明して少し仕事をセーブして自分の時間を大切にしなさいという話しをして残業禁止令なども発令しましたが、わかったわかったと口ではいいつつ、本人に自覚症状ないのでまったくの禁止令などどこ吹く風のシカト状態で仕事しつづけてました。←どんだけ僕の威厳ないんじゃという話でもありますがwww

ただ、間違いなくダークサイドまっしぐらで、イライラとテンパリはさらに増幅という日々がつづきました。

ああ、これは口でいってもだめだ。
さとりましたねw

でも、そんなだからこそ、やはりこれは周りの人間がケアするしかないのだと思いました。
いま色々試行錯誤です。ときに強権発動し、リラックスタイムをつくらせたりと模索中です。
お盆の休みも今年は長めに設定しました。なんとかここでぐいっとリラックスを癖にさせたいと思ってます。

ちょっと脱線してすみませんw
すべてを忙しいでくくるのではなく、こうやってきりわけていくと大きな問題があったりはしますが、目的はみえるので対処はしやすくなると思います。忙しいという言葉は本当に魔法の言葉。すべてをこれに紐づけてしまえばいいという雰囲気にすぐなってしまいます。本当に忙しくて苦しい部分は必ずあります。だから、色々と棲み分けてとらえ、問題として定義してきちんと解決して、本当に忙しいという部分を正面からうけとめていけるようにしなくてはいけないと思いますし、人間は結構すごくて、かなりの量の仕事を処理苦痛なくできるもの。そのためには心身が元気モリモリじゃないといけないので、その大切さをみんなで共有して助け合うことが大事なのではないかなと思った今回の出来事でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加    
TOP

JkZero7

Art Director & Graphic Designer
I love Mac,iPhone&iPad.
グラフィックデザイナーをしています。
日々の出来事や思ったことをゆるめに綴っていきたいと思います。

※本ブログは、自分の複数あるブログを統合するために開設しました。過去の自分のエントリーからも転載することもあります。

※本ブログは、自分のデザインではなく、WordPressのお勧めテーマを使用させて頂きました。