2011年3月11日。
皆様ご存じの通り東北地方太平洋沖地震がおきました。
まずは、被害にあわれて亡くなられた全ての方に、謹んで哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈りいたします。

未曾有の被害を生んでしまった今回の大地震。
大変な数の犠牲者が生まれ、たったいま、このときも多くの方が行方不明であり、救助された方も極寒の夜の中、寒さに耐えながら避難所で生活しています。そして、原発の暴走をくいとめるために命をかけて戦っている方もいれば、命がけで救助にあたっている自衛隊などの救助隊のみなさんがいます。

少し当時を振り返らせてください。
地震がおきたそのとき、僕は事務所(東京都内)にいました。

ガタガタっと音が聞こえましたが、
ここ最近地震が多かったので、何気なしにしていました。

ところが、みるみる揺れは大きくなっていきました…。
一気に事務所の本棚にしまってある本がくずれはじめ、ガダガダガガとそこら中で異音が聞こえてきました。

僕は生まれも育ちも東京だったので、大きな地震というのは経験がなく、今回の地震はあきらかに今まで体験してきたものを超えた地震でした。正直身の危険を感じる地震ははじめてでした。慌てて出口を確保しようと玄関に向かいましたが、揺れで上手く歩くこともできず廊下の壁にぶつかりながら何とかドアを開けました。あけた後、体勢をくずしドアに挟まれてしまい、後はそのまましばらくゆっさゆっさと揺られていたら、揺れが収まったという感じでした。

揺れが収まってから事務所の中に戻ると、本・資料やらCDがそこら中に散乱していました。
80kg以上あるレーザープリンターも大きくズレ落ち、外付けのHDDなどは一瞬で諦めるほど散乱していました。

何となく途方に暮れていると、矢継ぎ早に余震がやってきました。
気持ちを整理するタイミングはなかなかできなかったなあと、いま思い返しています。

そんなパニックの時を経て地震は収まりました。
ホッと一息ついていたら、携帯電話から異音がしました。緊急警報のアラームです。
大津波がくるから気をつけろと書いてありました。

大津波??

意味がつかめないまま、事務所のテレビをつけながらTwitterに目をやると、どうやら宮城県で大地震がおきていて大津波警報がかなりの地域ででているということがわかりました。NHKでも同じようなことがいっていました。

実はこのあとの記憶あまりないんです…。
覚えているのって、津波に飲み込まれている町をただただ呆然とテレビで眺めているところからなんです。

恐らく上述から20〜30分はたっていたのだと思います。
パソコンに向かっていたのか?
事務所で誰かにはなしかけていたのか?
見事に覚えていません…。

記憶があるのは、そのあと度重なる余震に恐怖しながら、テレビで流れる衝撃的な光景…。

町が水にみるみるのみこまれている映像…。
これ、映画だよね?とききたくなるくらい衝撃的な映像でした。

まあ、その衝撃度は皆さんご存じの通りですよね。

なぜ、こんな些細なことを日記にしているのか?

それは二つの理由があります。
ひとつは、上述の通りで自分の混乱している記憶を整理整頓するためです。
もうひとつは、人間の弱さについてふれたかったからです。

今自分で日記を書いていて思うのですが、自分は東京でしたので震度は5+で、そんなに大げさにいうほどのものじゃなかったんですよね。普通の地震よりもちょっと大きくてびっくりしてしまっただけだと思うんです。宮城や茨城といった震源地や津波の被害をもろに受けた東北地方の皆さんにくらべれば、たいしたことなさすぎて、途方にくれてしまっていた自分が心から恥ずかしいくらいです。家も無事でちょっと部屋がちらかったくらいで、いい大人がびびりすぎだろうと今でも思います。でも実際は本当に怖いと思っていました。

自分の中に刻まれた心の恐怖心を整理をする前に、もっと強烈な現実をまざまざと見せつけられ、なんて全然恵まれている環境にいる自分が恐怖しているなんて自分はどうしてこんなに情けないんだろうと…うちのめされたところから結構記憶が残っています。

スタートがこんな精神状態だったので、その後の心理はもうぐちゃぐちゃだったのはいうまでもありませんね。
でもそんな情けない感情を体感したからこそ、人間のもろさみたいなものは強烈に感じることができたとおもいます。

とっても尻切れトンボで申し訳ないのですが、詳細はまた次回にさせてください。

次回は日本人特有の心の落ち込みについて綴り、おそらく自分と全く同じことで悩み苦しい想いをしている人の役にたてればと思います。
またすぐ次の日記かきますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加