2011年 7月 の記事

レイ ハラカミ(Rei Harakami) という偉大な才能にありがとう。

2011年7月28日。

僕にとってはとても忘れられない日になりました。

大好きなアーティスのレイハラカミさんが急逝されたという訃報が入ってきたのです。
最初にその情報を見たのはTwitterでした。ハラカミさんは一昨日まで元気につぶやきを投稿していたので、悪質なガセネタだと憤っていました。でも、だんだんその情報の信憑性が高まってきて、とうとうオフィシャルの発表となり、ハラカミさんが亡くなられたという、信じられない現実をつきつけられることになってしまったわけなのです。ブログを書いているこの瞬間も、その現実がリアルでなく何ともいえない喪失感で一杯です。

皆さんそれぞれ、憧れを抱いていたり、絶大な影響力をもっている方というのがいらっしゃると思います。
僕にとってレイハラカミというアーティストは、その絶対的な存在の一人でした。

僕はグラフィックデザインの仕事をしています。
かれこれ15年以上、デザインの仕事を続けさせていただいています。こんなに長く続けてこられた要因として、僕がいつも感じていることというのはテクノとかエレクトロと呼ばれる音楽が与えてくれた力をはずすことができません。

僕は若い頃は、凄く頭でっかちなデザイナーでした。
知識がなければ良いデザインはできないとか、プロとしてのルールを踏襲しているものが良いクリエイティブ。
おっ!と思うパンチ力のあるデザインでも、あらを探してプロのルールに準拠していないからダメなクリエイティブだとさげすんでしまう、デザイナーなら誰もが通るであろう、 良いものはどんなものであれいいものなのだと簡単に思うことができない、病気に完全にかかっていました。

当然そんな病気にかかった状態は、精神的に窮屈で、そんな中でデザインをし続けるというのは本当に自分の持久力との勝負という消耗戦になっていたと思います。凡人の僕が場違いに一回賞をとってしまったということも、その病気に拍車をかけてしまい、とにかく自分は良いクリエイターでなければいけないと極度の緊張状態に自らを落とし込んでしまっていました。なので、あの状態が続いていたら恐らく僕は、この仕事やめていたと思います。当時は苦しいだけで何も物づくりの楽しさがわからなくなっていましたので…。

そんなときに、たまたま周りの仲間達がテクノの音楽とかを教えてくれました。
何となく興味をもつことができたのです…。そこでいろいろきかせてもらって、体に電撃がはしるほど衝撃をうけたのが、レイハラカミさんの音楽とOrbitalの曲でした。音楽をきいてあんなに情景がリアルにみえることがあるのかと、心の底からしびれてしまったのです。

自分は音楽オタクではなく本当に何の知識もありません。
だからレイハラカミさんの音楽とかの何が技術的に素晴らしくて良い曲なのだということをジャッジすることはできません。
でも、直感的に本当に“良い曲”と感動している自分が間違いなくいたのです。

よくわからないけど、とにかく良い!素敵だ!と思ったのです。

こういう感覚というのは、当時の僕からすると考えられない発想でした。常にクリエイティブを判断するのは知識とか自分のもってる情報を尺にあわせてジャッジするという病気にかかっていたので、そういう直感で喜ぶという、人としてごくごく自然な感情を失っていたのです。

そっかぁ。本当にいいものって理屈ぬきでいいもんだよね。
何でなにから何まで理屈でジャッジしようとおもっていたのだろう?と、何気なしに自分のおかしい部分を受け入れさせてもらうことができました。

これって本当に僕にとっては革命的な出来事だったんです。
それからは、良い意味で力を抜くことができるようになって、明らかにデザインに対する取り組みも、デザインの質もかわりました。
だからこの年齢でも若い子たちにまじって現場にいられるのかなって思います。

いまでもずっと、つかれたらハラカミさんの音楽きいて、脳みそをトロトロにやわらかくするというのが、僕の日課的になっていました。

ちっぽけな自分という存在ではありますが、僕という一人のクリエイターの物語を語る上で絶対にはずすことはできないの人物の一人がレイハラカミさんだったというわけなんです。なので、今回の訃報というのは悲しいし、本当に喪失感もあり、何か説明できない感情でいっぱいです。

ひとつだけはっきりいえること。
日本が世界に誇ることができる才能のひとつが、また逝ってしまったということ。
大変な損失だと思います。twitterで、同業の方だったり各クリエイティブ業界の大物たちが本当に残念がっているという光景を目の当たりにしました。一流は一流を知るというやつですよね。まさにその損失の大きさを痛感しました。それを見てさらに喪失感が大きくなりちょっと仕事がてにつかず、思わずブログを書いてしまっています。

レイハラカミさんの曲をレコメンドするときに、僕は、とってもみずみずしい宇宙旅行ができるよといいます。
ちょっと、頭がおかしい表現ですが、きいてもらうとその情景がくっきりとみえると思います。
プラネタリウムでレイハラカミさんの曲が採用されていたのは伊達ではないというところが一瞬でご理解頂けると思います。

そんな表現が通じてしまうクリエイターは、そんな簡単に現れないですよね。
素晴らしい才能に出会うことができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも微力ながらではありながら、素敵な影響をたくさんもらえた恩返しに、精一杯デザインを頑張りたいと思います。

乱文ですみません。

本当に忙しい??第二回

本当に忙しいの??

上記の続きを書き綴りたいと思います。
忙しいという姿についての考察です。

本当に仕事が忙しいのか?
実は不満があるだけで忙しいわかではないのではないか?

そんな仮説を自分自身の経験則からたてて、社内で色々とヒアリングしました。

忙しいかい?と訪ねると、光の速さで忙しくて目が回ってるとの答えw
そうか。そうか。と相づちをうちつつ、どんな作業がたまっちゃってる?と質問を追加しました。
そうしたら、あれとこれとあれ、という感じで何個か案件の説明をしてくれました。

そこで意外な空気が…。
言った本人が、あれ?意外に仕事すくなくね???????
と、明らかに察している空気になったのです。

その空気に耐えられなくなったのか、ただ、あれもこれも調べたりしなくちゃいけないとか、しまいにはクライアントに電話しなくちゃいけないとか、そんな部分までタスク化するというw

たぶん、苦痛な気持ちと実際の現実の仕事の量のギャップに気づいて、あわてて保身のために追加していって、頭が整理されていなからもう日常業務的なものまでが重い仕事に入ってしまうという状態になってしまったのでしょう。

案の定、「量」という尺度ではかったときには、たいして忙しくなかったんです。
これは思っていた通りで安心しました。
ただ、真正面から受け止めなければいけない現実も露呈しました。

それは、会社や仕事に対する不満が、MAXだという現実。
これはこれで物凄い重いことですよね…。

ただ、 そういう現実が色々わかるのはとってもいいことだと思うので、まずはそんなに忙しくないけど、何か不満につながるような要点がある。だからそれをつぶしていけば、今の仕事量をこなせているのに元気もりもりになるはずだから、その問題を探してとにかく解決して元気モリモリになろうよということを伝えて色々と現状の把握をしていきました。

スタッフが抱えていた問題は、ずばり頭を休ませてほしいというところでした。体より頭の休息を欲していたんです。
話していて感じた事なのは、やっぱり、頭を休ませるタイミングがないの環境が如何にストレスうんでいってしまうのだということでした。とくに僕らの仕事はクリエイティブな仕事は、あまりにも連続でアイディアとか知恵の部分を酷使すると、あっというまに脳に疲労がたまってきて極端にストレスがたまっていくのだと思います。

本来なら、仕事がおわってからの時間。あと土日だったりのお休みの時間。
その時間を使って頭をきりかえ、そして休めていく。
社会人の皆さんはそれを当たり前のようにやられています。僕らもそれは例外じゃないのです。

ただ、本当にクリエイティブの仕事は頭を休ませるのは難しいのです。
たとえば雑誌やドラマや音楽、リラックスするためにみていても、デザインのアイディアに直結する情報探しを常にしている緊張状態を続けてしまうのです。わざわざそんなことをしてしまう…それが、クリエイターという生きものなのです。常にオンの状態を自らつくってしまう上に、スイッチの切り方をまったく知らないのです。

あとは本人に常に緊張状態を自分でつくっているという自覚症状も全くないということも特徴です。
なので、土日や仕事のあとのリラックスで解決できてなくてどんどん頭の疲労とストレスがたまってきていることにも気づけないのです。
これは残念ながらどんなに第三者が口で説明してもわかってもらうことはできないと思います。それはそうですよね…。本人に自ら墓穴をほっている自覚がないのですから……。

スタッフにそんな話しを説明して少し仕事をセーブして自分の時間を大切にしなさいという話しをして残業禁止令なども発令しましたが、わかったわかったと口ではいいつつ、本人に自覚症状ないのでまったくの禁止令などどこ吹く風のシカト状態で仕事しつづけてました。←どんだけ僕の威厳ないんじゃという話でもありますがwww

ただ、間違いなくダークサイドまっしぐらで、イライラとテンパリはさらに増幅という日々がつづきました。

ああ、これは口でいってもだめだ。
さとりましたねw

でも、そんなだからこそ、やはりこれは周りの人間がケアするしかないのだと思いました。
いま色々試行錯誤です。ときに強権発動し、リラックスタイムをつくらせたりと模索中です。
お盆の休みも今年は長めに設定しました。なんとかここでぐいっとリラックスを癖にさせたいと思ってます。

ちょっと脱線してすみませんw
すべてを忙しいでくくるのではなく、こうやってきりわけていくと大きな問題があったりはしますが、目的はみえるので対処はしやすくなると思います。忙しいという言葉は本当に魔法の言葉。すべてをこれに紐づけてしまえばいいという雰囲気にすぐなってしまいます。本当に忙しくて苦しい部分は必ずあります。だから、色々と棲み分けてとらえ、問題として定義してきちんと解決して、本当に忙しいという部分を正面からうけとめていけるようにしなくてはいけないと思いますし、人間は結構すごくて、かなりの量の仕事を処理苦痛なくできるもの。そのためには心身が元気モリモリじゃないといけないので、その大切さをみんなで共有して助け合うことが大事なのではないかなと思った今回の出来事でした。

TOP

JkZero7

Art Director & Graphic Designer
I love Mac,iPhone&iPad.
グラフィックデザイナーをしています。
日々の出来事や思ったことをゆるめに綴っていきたいと思います。

※本ブログは、自分の複数あるブログを統合するために開設しました。過去の自分のエントリーからも転載することもあります。

※本ブログは、自分のデザインではなく、WordPressのお勧めテーマを使用させて頂きました。